国枝春恵

<>2017 年7月更新 NEW!
 

季節のご挨拶を申し上げます。
  お陰さまで、「ヴィオリンとオーケストラのためのセラフィム」 ‘Seraphim for Violin and Orchestra’ (1997-1999) は、熊本大学学術出版助成を受けて、2017年3月に音楽之友社より出版されました。
 また、新作「弦楽器,打楽器、尺八のための音楽〜花をIII」‘Music for Strings, Percussion and Shakuhachi〜Floral Tributes III’
は、2017年11月17日(金)オーケストラ・プロジェクト2017、東京オペラシティ・コンサートホールに於いて、管弦楽:東京交響楽団,指揮:杉山洋一、尺八:坂田誠山,打楽器:會田瑞樹で初演されます。

You Tube videos with Harue Kunieda:
「光のとおりみちIII」'Corridors of Light III' (再演)
http://youtu.be/hmrAdSg9tr0
「花を」'Floral Tributes' (初演)
http://youtu.be/DHEi2DI3AJg

これからも新作を書き続けてまいりますので、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


国枝春恵
 

 Season's Greetings from Harue Kunieda

My piece ‘Seraphim for Violin and Orchestra’ (1997-1999) was published
by ONGAKU NO TOMO EDITION on the 31st of March 2017.
It was subsidized by Kumamoto University as an academic publication.

My new piece ‘Music for Strings, Percussion and Shakuhachi: Floral
Tributes III’ will be premiered by the Tokyo Symphony Orchestra
(Conductor: Yoichi SUGIYAMA; Shakuhachi: Seizan SAKATA; Percussion:
Mizuki AITA) on the 17th of November 2017.
This will be part of the Orchestra Project Concert 2017 at the Tokyo
Opera City Concert Hall.

You-tube videos with Harue Kunieda:
‘Corridors of Light III'
http://youtu.be/hmrAdSg9tr0

'Floral Tributes'
http://youtu.be/DHEi2DI3AJg

Please check out this recent work of mine.
I hope to continue to write more new pieces.
Thank you for coming to my homepage.
Harue Kunieda



<熊本地震について>
 この度、2016年4月に起きました熊本地震では、熊本の多大な施設、設備等に被害を受けました。現在、復興を目指しその機能を取り戻すべく全力を注い でいるところです。皆さまのあたたかいご支援、お言葉をありがとうございました。
<The Earthquake in Kumamoto>
 In the recent Kumamoto Earthquake in April 2016, we were affected and a significant amount of infrastructure and facilities were damaged. Now, we are gearing towards repair work in order to resume the various function.
Thank you very much for sending us donations and heartfelt words.

 

新刊出版のおしらせ

花に

プロフィール

国枝春恵
Harue KUNIEDA

東京生まれ。4歳より桐朋学園「子供のための音楽教室」において、ピアノとソルフェージュを習い始める。東京都立芸術高等学校ピアノ科より東京藝術 大学作曲科に進む。
1983年東京藝術大学大学院作曲専攻修了。
作曲を池内友次郎、野田暉行、宍戸睦郎、オリヴァー・ナッセン各氏に師事。
ピアノを、有賀和子,鷹取淑子各氏に師事。
1982年第33回ヴィオッティ国際音楽コンクール作曲部門特別賞。
1986年タングルウッド夏期講習給費研修生。
作品は、ISCM-ACL香港、 フィリピン、オーストラリア、イスラエル、アジア音楽祭仙台、タングルウッド現代音楽祭、ISCM「世界の音楽の日々」ルクセンブルク、スウェーデン大会 等で演奏されている。
2003年文化庁特別派遣在外研修員。
2005年N響Music Tomorrow 委嘱作品「地上の平和」が世界初演され、同作品は2009年ISCM-WNMDスウェーデン大会において再演された。
現在、熊本大学教育学部教授、日本現代音楽協会、21世紀音楽の会会員
ホームページ www.harue-kunieda.com